十勝の訪問診療(在宅診療)おとふけホームケアクリニック

内科と訪問診療(在宅診療)実施「おとふけホームケアクリニック」

おとふけホームケアクリニックのクリニック通信

三万人の命

個人的なことで、かつ、悲しいことで申し訳ないのですが。。。

 

以前から親しくしていた看護師さんが亡くなられたと、知らせがありました。

自死でした。

(「自殺」という言葉にわたしはどうもなじめなくて、自死と言います)

とても優秀で、まじめすぎるくらいのひとでした。

「うつ」に苦しんでいたとのことでした。

 

わたしはこれまで、大学の先輩、叔父、一緒にはたらいていた看護師さんなど、数名のかたと、自死によるお別れを経験しました。

また、札幌で勤務医をしていたときは救急病院でしたので、年に数十人は、自ら命を断とうとしたかたが運ばれて来ました。

今思えば当時は、多忙な日常の中で、一つ一つの「いのち」の行方をやり過ごしていました。

 

ご存じのかたも多いと思いますが、日本では自殺者が1998年に急増し三万人を超え、以来続いています。

この背後には、10倍もの「自殺未遂者」がいると思われます。

自殺は、決して他人事ではありません。

 

亡くなられた看護師さんとは、ここ数年は年賀状だけのお付き合いで、わたしが彼女の助けになれたわけもありません。

ニュースに流れる「三万人」は、ただの統計数字ですが、その中に、彼女のいのちがある。

ひとつひとつのいのちには、家族や友人の悲しみが付き添っている。

そんな思いで、昨夜は彼女のことを考えました。

 

 

 

 

 

 

 

2011-02-16 12:41 PM

小さな男の子からのお贈り物

当クリニックでは、訪問診療を行っています。

訪問先は、ご自宅やグループホーム、高齢者下宿など。

現在、60数名の方が訪問診療を利用されています。

一人暮らしのかた、ご夫婦二人暮らし、娘さんと二人暮らし、などなど暮らし方はさまざまです。

 

先日伺った訪問先は、長男ご家族との二世帯住宅。

4歳くらいの男のお孫さんがいます。 いつも元気いっぱい。

わたしたち(看護師とわたし)が帰ろうとしたとき、お孫さんが小さなかばんを手に玄関へやってきて、「お土産、お土産!!」と言います。

「心の汚れた大人」のわたしは、「お土産を頂戴」と要求しているものと思いましたが、さにあらず。

彼はかばん中からキャンデーと取り出し、「お土産!!」と言って、わたしたちに渡してくれるのです。

おばあちゃんである奥さんによると、彼は最近、いろんなひとに「お土産」をあげて、喜んでもらうことに夢中とのこと。

 

こんな小さな子にも、ひと何かしてあげる喜びがわかるんですねえ。。。。

おばさんは本当に感激しました。

 

ケンちゃん(仮名)iconseticonset

その優しい気持ちをいつまでも大切にしてねiconset

 

 

 

 

 

 

2011-02-12 2:17 PM